売り買いのバランス

売り買いのバランス

「スプレッド」とはFXは外貨を売買して儲けを生む商品です。

 

売買の注文の価格は変動しています。

 

それが為替市場です。

 

インターネットでニュースをみていると通貨のマーケットのニュースが流れる場面があります。

http://www.kyotoharegi.co.jp/

よくあるのが「現在のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表現しています。

 

要するに、FXには買値と売値の価格があるという事です。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと示しているFX取引会社もあります。

 

普段は買値よりも売値が低い値段になるものです。

 

買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

 

この差額をスプレッドといい、会社の収益のひとつとされています。

 

スプレッドの幅はFX取引会社によって変化します。

 

スプレッドの幅は自分にとって手数料になるので低い取引会社を選択するほうが有利になります。

 

ただし、同じFX会社でも状況によってスプレッドの狭さは変動します。

 

平常時はドルと円のペアでたった1銭のスプレッドの幅であっても市場の変化が激しい場面では1銭よりも広くなったりするのです。

 

そういう訳で、スプレッドが低いのと共に、変わらないということが肝心です。

 

現在では決まったスプレッドの広さを表示するFX業者もたくさんあったりします。

 

実際にFX取引会社のトレード画面で実際の市場を確かめなければ判断できないのでわずらわしいですが大切な事です。

 

大切なお金を投入してトレードしますので現実のエントリーの前に魅力的に思えた取引会社の取引するための口座開設を全部して提示されているスプレッドの幅を見ておきましょう。

 

同じ通貨ペアでも、そのときの条件によって通貨ペアのスプレッドの広さは変化します。

 

いつもはインターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッドが小さくその他の外貨ではスプレッドの広さが広がる傾向にあります。

 



関連記事

  1. 中堅や小規模タイプの消費者金融系キャッシング会社で...。
  2. 売り買いのバランス